氷河期セミリタイア日記

就職氷河期世代ですが、資産運用でなんとかセミリタイアできました。残りの人生は、好きなことをしながら自由に生きていきます。

補助金、支援金はインフレを加速させてしまう

日本でも食品、ガソリン、光熱費などの価格上昇がじわじわと効いてきており、その中でガソリン価格の激変緩和措置の恩恵を受けている人は多いと思います。 しかし、「政府、ガソリン価格『激変緩和措置』 9月末まで期間延長」と報道されていますが、期限がき…

ポスト団塊ジュニアが後悔する人生最大の過ち

昨今、緊急課題のひとつとしてあげられることの多い氷河期世代の支援です。 ただ就職氷河期といっても、その期間は10年以上にもなるので、当事者でも事情は異なります。 特に情勢の厳しかった後半の世代は、後悔も大きいようです。最近はコロナ禍で耳にしな…

40歳代「氷河期世代」の貯蓄額平均はいくらか

就職氷河期とは1993~2004年頃、社会的に就職難となった時期のことをいいます。 そのころ大学を卒業して就職活動時期に差し掛かった人たちは、現時点では40歳代以上になっています。 就職氷河期世代は、ロスジェネ世代(ロストジェネレーションの略)とも言…

働く人が足りない問題

働く人が足りないのは、「生産年齢人口の減少」「雇用のミスマッチ」「低賃金」という三重苦が長く続いていることが大きいです。 日本は世界最速レベルで少子高齢化が進んでおり、子どもが激減していけば当然、社会に巣立って働く人も激減していくのは当たり…

ヤバい歯科医の実態

全国の歯科医院の数はコンビニエンスストアの数より1万件以上多い6万7000を超えています。 その中には当然、質の悪い歯科医院も交じっています。平気で処置に失敗しても知らんぷりの歯科医師も多いようです。中には生活保護者を収益源にしている歯科医院もあ…

「寿命を縮める」3大悪習慣

100歳まで生きられる人というのは、あくまでも健康に気遣った「良い生活習慣」を送った上で、進歩した医療や科学技術を享受できる人です。 たとえば、糖尿病、高血糖、過度の肥満など、生活習慣病を抱えた人が、90歳や100歳まで生きるのは、かなり難しいです…

糖尿病や認知症の予防効果もある「低GI食」

長時間の集中力やパフォーマンスを高めるために、大切な場面で自分の能力を十分に発揮したいのであれば、何より脳を快適に活動させることが不可欠です。 そのためには、糖質が少なすぎても、多すぎても、脳は十分に機能できません。 「血糖値スパイク」を起…

下げ局面での富裕層のリスクマネジメント

「NRI富裕層アンケート調査」によれば、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の富裕層は、124万世帯で236兆円もの資産を保有しています。 一方、純金融資産保有額が3000万円未満のマス層は4215.7万世帯で、656兆円を保有しています。 両者の純金融資産保有…

おひとりさまの終活

ここ数年で「人生100年時代」という言葉を良く聞くようになりました。 リンダ・グラットンとアンドリュー・スコットが、著書「ライフ・シフト」で「100年時代の人生戦略」を提唱してベストセラーになり、広まっているようです。 本書によれば「2007年生まれ…

働かないおじさん問題は昭和から抜け出せない社会のひずみ

このところ、やたらと「働かないおじさん」というワードを、目にするようになりました。 この不名誉かつ辛辣(しんらつ)なネーミングは、2014年に「追い出し部屋」が社会問題になった頃から使われています。 当時は「使えないおじさん」「フリーライダー」…

老人ホームは現代の姥捨て山

自分のこと以上に親を思い、必死に、そして真剣に、「親にふさわしい住処」について考え、時間と手間暇をかけて老人ホームを探している子どももいます。しかし残念ながら少数派というか、極めて少ないです。 介護が必要になるなど、子どもが自分では手に負え…

国税庁「300万円以下の副業は雑所得」案はサラリーマン狙い撃ち

ついに、サラリーマンの副業が国税庁に狙われました。 このままの改正案なら、金額が300万円を超えない副業は国から「事業所得」でなく「雑所得」として一律に扱われることになるかもしれません。 税の水平的、公平性のために、という理由なのでしょうが、生…

「社会を恨む人」と「突破する人」の違い

昨今、氷河期世代による凶悪犯罪の報道が目立ってきたことは、皆さんも感じているところと思います。 犯人の多くは無職、もしくは不安定な働き方をしており、困窮していて人間関係は希薄なものです。 孤独の中で思い込みを強固にしている人たちです。 「誰で…

不動産投資は投資ではなくビジネス

不動産投資は投資で不労所得というイメージを持たれがちですが、実はこれは間違っています。 まず、不動産投資は投資ではありません。ビジネスで経営になります。何故と思われる方もいると思います。 たとえば株式投資は投資で、投資家は株を買うか売るかし…

NISA恒久化の代償として金融所得課税強化になるかも

金融庁が少額投資非課税制度(NISA)の恒久化と投資枠の上限額の引き上げを提言したようです。投資家にとっては朗報です。 しかし、参議院選挙が与党勝利で終わったため、これから増税の季節に突入するとの見方もあります。 その際に、金融関連で話題を呼び…

年金が少ない人に上乗せされる『年金生活者支援給付金』

2019年10月から消費税率引き上げ分を活用して始まった制度が「年金生活者支援給付金制度」です。 年金が少なく生活が苦しい人たちを支援するために、年金の上乗せとして給付金を支給するものです。 対象となる人の要件や給付金の額、手続きの方法を紹介しま…

日本に蔓延する「孤独推奨ビジネス」

貧困、虐待、いじめ、引きこもり、依存症、カルトへの入信、犯罪など社会問題の共通点は背景に「孤独」があることです。 日本では孤独を“美徳”とする風潮が非常に根強いです。しかし孤独はやがて怒りや絶望に変わり、さらに社会を震撼させる事件を誘発するケ…

ひとり暮らしのお年寄りが狙われやすい「お金」の被害

ひとり暮らしのお年寄りを狙った詐欺事件は、後を絶ちません。 ひと昔前であれば「オレオレ詐欺」が主流となっていましたが、ここ数年、詐欺の内容も様変わりしてきています。 ひと暮らしのお年寄りが狙われやすい、「お金」にまつわる詐欺事件にはどのよう…

氷河期世代「もう手遅れ」一生、救われない地獄絵図

昨今、問題視される所得格差です。低収入で困窮する人たちは、その状態から脱しようと努力するも、現実はなかなか厳しいものです。 なかでも学卒時、希望の職業に就くことができず、40~50代になったいまでも非正規社員に留まる人たちは、浮上のきっかけを掴…

「億り人」を目指すために必要なこと

日本の場合、金融資産、つまり、土地などの不動産などではなく、預貯金や株式などで1億円以上の資産を持っている世帯は全体の2パーセントくらいです。 3億円以上の資産となると全体の0.2パーセントです 。 大金持ちの家庭に生まれて親から財産をもらえるとい…

日本での人種の置き換わりが始まっている

日本人は外国人アレルギーがあったり、外国人を低賃金労働者としかみていない経営者が多かったり、受け入れ態勢が整っているとは思えません。 この状況では外国人は日本社会に溶け込めず、分断が起こって出身国別に地域内で固まってしまいます。 自分の意思…

貧困と孤独と高年齢化の「氷河期世代」という日本の地雷原

第二次ベビーブームの時期を境に1970~80年代に人口が増えた郊外で、氷河期世代が多く生まれ育っています。 例えば、大和郡山市の人口は1965年には45462人だったが85年には89051人、95年には95761人、その後人口は増えず、むしろ漸減して、2021年には85308人…

就職氷河期世代の重大事件が続いている

近年、親は中流だが子どもは中流になれない、昔なら中流になれた人が中流から落ちるという背景から生まれたと思われる事件が目立っています。 7月の安倍元首相殺害事件もそうで、思想上の理由はなく、犯人の母親の信仰した宗教団体と安倍元首相との関わりが…

普通の会社員でも「億り人」共通する意外な習慣

会社勤めでずっと定年まで過ごした人の中にも驚くほど多くの資産を築いた人は少なくありません。 特に親から遺産相続をしたわけでもなく、会社の中で役員になるといった大きな出世をしたわけではなくてもそういう人は間違いなくいます。 自営業と違って、勤…

仕事を辞める前に準備すべきお金

次の就職先を決めずに仕事を辞めるのは、危険に思えるかもしれません。 しかし、資金の備えがあれば、人生やキャリアを前進させる一歩にもなります。 コロナの感染拡大で仕事や働き方について人々の考え方が変わる中、アメリカの離職者数が過去最多になりま…

勝ち組会社員の落とし穴

ひと口に会社員といっても、その給与については、さまざまなところで格差が生じます。 そもそも学歴によって、給与は大きく異なります。ため息をついた経験のある会社員は多いのではないでしょうか。高卒サラリーマンの平均月収は33.2万円、推定年収は478万…

仕事の質は「仕事をどうやるか」ではなく「誰とやるか」で決まる

何もかも自分でコントロールしたいと思う優秀な人が、「どうやるか」に集中するのは簡単なことです。「どうやるか」は自分自分をコントロールすることだからです。 しかし、取り組みを広げ、勝てるチームをつくりたいのであれば、自分の弱みを自覚し、チーム…

カネのない結婚は不幸になるだけ

既婚男女で見ると、20~30代までは男女とも愛が金を上回りますが、40代以降は逆転して、「愛より金が重要」になります。 特に、40代既婚女性の「金が重要」割合は高く、4割近くになります。(男性は3割)。「愛が重要」とする派は男女とも2割なので、特に40歳…

「ヤクルト1000」大ブームのいま知っておきたい「乳酸菌」の基礎知識

「もう、びっくり! 眠りが良くなったの。一日2本飲んでるわよ」 マツコ・デラックスがバラエティ番組でそう発言してから話題が沸騰し、今では品薄で手に入らないほど大ブームになっている乳酸菌飲料「ヤクルト1000」です。 ヤクルト1000には、乳酸…

孤独は寿命を縮めてしまう

心臓疾患を患っても生き延びる人と生き延びられない人がいるのかを突き止めるため、心筋梗塞、不整脈、心不全の患者や心臓弁に損傷を負った1300人に対し、「孤独を感じてはいないか」や「必要な時に話せる相手がいるか」という調査が行われました。 2年後に…