氷河期セミリタイア日記

就職氷河期世代ですが、資産運用でなんとかセミリタイアできました。残りの人生は、好きなことをしながら自由に生きていきます。

社会

貧困と孤独と高年齢化の「氷河期世代」という日本の地雷原

第二次ベビーブームの時期を境に1970~80年代に人口が増えた郊外で、氷河期世代が多く生まれ育っています。 例えば、大和郡山市の人口は1965年には45462人だったが85年には89051人、95年には95761人、その後人口は増えず、むしろ漸減して、2021年には85308人…

就職氷河期世代の重大事件が続いている

近年、親は中流だが子どもは中流になれない、昔なら中流になれた人が中流から落ちるという背景から生まれたと思われる事件が目立っています。 7月の安倍元首相殺害事件もそうで、思想上の理由はなく、犯人の母親の信仰した宗教団体と安倍元首相との関わりが…

カネのない結婚は不幸になるだけ

既婚男女で見ると、20~30代までは男女とも愛が金を上回りますが、40代以降は逆転して、「愛より金が重要」になります。 特に、40代既婚女性の「金が重要」割合は高く、4割近くになります。(男性は3割)。「愛が重要」とする派は男女とも2割なので、特に40歳…

孤独は寿命を縮めてしまう

心臓疾患を患っても生き延びる人と生き延びられない人がいるのかを突き止めるため、心筋梗塞、不整脈、心不全の患者や心臓弁に損傷を負った1300人に対し、「孤独を感じてはいないか」や「必要な時に話せる相手がいるか」という調査が行われました。 2年後に…

新型コロナ給付金詐欺の容疑者7割が20代以下

新型コロナウイルスの感染拡大で、売り上げが急減した事業者の救済のために支払われた持続化給付金です。 総額5.5兆円の大規模支援となりましたが、警察に検挙された不正受給の容疑者も3770人(5月末時点)と空前の規模にのぼっています。 大規模経済対策と…

ギャンブルにハマる人が増加

コロナ禍の「巣ごもり需要」もあってか、ギャンブルの世界にも異変が起きています。 スマホのアプリで投票できる競艇、競輪などの公営競技やオンラインカジノにハマる人が増えていることが、公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」の調べでわかりま…

NHK受信料不要でチューナーレステレビが爆売れ

2021年末以来、注目を集めている家電があります。 地上デジタル放送やBS・CS放送が見られない「チューナーレステレビ」です。 これまでも、テレビチューナーを内蔵していない製品は、PC用や業務用などのモニターやディスプレイのカテゴリーで販売されていま…

年収200万円では豊かに暮らせない

日本には「手取り年収200万円」の人がどのくらいいるかを統計上のデータで調べる場合、税や社会保障を引く前の数字が多く、手取り額ではないので、手取り年収200万円の人は、実際には額面300万円台の人でしょう。 まず「国民生活基礎調査」(厚生労働省)を見…

「若者の給料」と同様に、30年間伸びていない「若者男子の身長」

かつて、モテる男の要素として「3高」といわれていた時代がありました。1980年代のバブル期である3高とは、「高身長・高学歴・高収入の男」という意味です。 当時、その条件を巡って恋愛模様を繰り広げた男女はいまや55~64歳のアラカン世代ででしょう。 テ…

男の未婚率の増加と肥満割合の上昇が完全に一致

先日、厚労省が、健康に影響が出やすいとされる「やせている」状態の若い女性を対象とした生活習慣などを把握する実態調査を行うことを発表したというニュースが流れました。 確かに、女性に関しては全年代的に「やせ型」の割合は近年増えており、それに伴う…

補助金目当てに移住を繰り返す人たち

地方創生の一環として近年活発な大都市から地方への移住が話題になっています。 しかし、人口を増やしたいがあまり、補助金を大盤振る舞いしている自治体も目立ちます。 誰彼構わず受け入れた結果、全国に「ヤバい移住者」たちが散らばり始めているのです。 …

日本はこのまま消滅するのか

コロナ禍によって少子化が加速しています。 厚生労働省「人口動態統計月報年計」によれば、感染拡大が本格化した2020年4月以降の妊娠による出産を反映した2021年の出生数は81万1604人にとどまり、過去最少を更新しました。 コロナ禍前から出生数減の流れは続…

円安で人材が流出し、インフラが崩壊し、極貧社会になる

ガソリンが高くなると、運送費も高騰するため、物価の上昇が加速します。 一番の被害を受けるのは、年金生活者です。 すでに年金生活者の生活は苦しいものになっていますが、庶民を直撃する物価高は、むしろこれからが本番です。 輸入小麦は政府が製粉会社へ…

人口減少を食い止める策に打つ手なし

日本の少子化がいかに危機的な状況に置かれているかは、合計特殊出生率(女性が生涯に産む子供数の推計値)が証明しています。 2005年に過去最低の1.26にまで落ち込んだ後、わずかに上昇へと転じて2015年は1.45にまで回復しましたが、その後は再び下降線をたど…

女性が貧困に陥りやすい理由

ある日、突然貧乏になり、生活が困窮してしまったら、そんなことを考えたことはあると思います。 実は、日本の女性は特にそのリスクが大きいようです。 数年前から「貧困女子」という言葉を聞くようになりました。 生活に困窮している20代~40代くらいのシン…

ほとんどの人が負け組になる時代

かつての「1億総中流社会」では、一生懸命勉強してそれなりの学校や会社に入り、コツコツ定年まで勤め上げれば、余生は安泰でした。 女性はサラリーマンと結婚し、専業主婦として子供を育てることが、当たり前の幸せとされました。 しかし、そんな時代はとっ…

氷河期支援、目標正規30万人増だが実績は3万人

総務省が発表した労働力調査によると、2022年4月の失業率は2.5%。低水準が続いています。 同年同月の有効求人倍率は、コロナ禍前より大きく下がっているものの1.23倍とこちらも堅調に推移しています。 しかしながら、正社員と呼ばれる働き方の有効求人倍率に…

稼げない男性は子供を残さず死んでいくしかない

生涯未婚率(2020年)は男性25.7%女性14.9%とされ、男性女性の生涯未婚率に違いがあります。 この差は男性がバツイチからの再婚率が高く、バツイチ男×初婚女の組み合わせが多いということが原因です。その一方、再婚後の女性の出生率は初婚の女性に比べてや…

早期退職後、健康で幸せな人生をつかむ習慣

高度成長期に、会社員は安定した身分で幸せの象徴とされていました。 会社と社員との間に共通してあったのが「今よりもいい暮らしをしたい」という願いです。 当時の日本企業の繁栄は、社員との心理的契約によって支えられていました。 終身雇用に代表される…

コロナで借金した人が相次ぎ自己破産

新型コロナウイルスの影響で生活が苦しくなった人に、国が無利子でお金を貸す仕組みがあります。 返済期限はまだ先にもかかわらず、既に「返せない」と自己破産する人が相次いでいるようです。 返済困難な金額は現時点で約20億円に上り、今後さらに膨らむ…

全国各地で単身世帯が爆増している

「夫婦と子ども2人」からなる核家族のことをかつては標準世帯といいました。 世帯の中心は、この「夫婦と子」世帯であり、その構成比は、1970年代まで全世帯の45%以上を占めていました。 世帯の半分近くがこの「夫婦と子」世帯だったわけです。しかし、先ご…

消費税は貧乏人ほど不公平な税制

年金、健康保険、消費税、所得税、住民税など、ただ生きているだけでも、支払う義務があり、お金はかかるわけです。 もちろん産業や生活の基盤となるインフラ設備は欠かせませんし、人々が安心して生活するためには社会保障も必要です。 そのために国民は少…

国や社会は変えられないと考える若者が増加

「若者は強気で自意識過剰なぐらいがいい」と思うのは、日本が経済成長を謳歌した時代を知っている団塊世代やバブル世代しかいません。 その世代が何と言おうが将来を担うのは若者です。 少子高齢化、人口減少、経済低成長の時代を歩む今の若者たちは、将来…

スタグフレーションで他人に冷たい社会になり、皆貧しくなる

近頃は食品からエネルギーまで、身近な生活必需品の供給が不安定になり、値上げばかりが続いています。 インフレが起こっても、賃金が上昇すればよいですが、そうなってはいません。所得は増えずに物価だけが上昇する「スタグフレーション」がいよいよ現実味…

インフレと円安で日本の低迷は決定的

6月に入って、食料品や日用品など様々なモノが値上がりしています。 一方で日本の賃金は20年以上にわたってほとんど上がっていない状況です。このままでは「悪いインフレ」に向かう可能性が高いです。 5月の国内企業物価指数は前年同月比で9.1%上昇し、前月…

能力主義がもたらす格差の再生産

階級や家柄ではなく、能力によって地位を手に入れることを可能にする社会、つまり、がんばればみんなできるという「能力=平等主義」は、欧米諸国ではすでに1970年代前半に崩れ始めていました。 能力主義は社会の平等化ではなく、社会的不平等や格差の再生産…

実質的に年金をカットできる「マクロ経済スライド」

日本の年金は、もともとは「物価や賃金が上がれば、それに応じて年金額も上がる」という、物価スライド、賃金スライドを採用していました。 しかし、年金行政の見込み違いや無駄遣いなどで年金財政が逼迫し、物価や賃金が上がったぶんだけ年金を増やしていく…

パワーカップルの待つ老後破産

パワーカップルとは、夫婦とも高収入であること表していますが、その定義は明確に定められておらず、「世帯年収が1,000万円以上で、夫婦ともに正社員であること」「夫婦ともに年収700万円以上であること」などがよくいわれています。 消費意欲が高く、また年…

老後破産しないようにするには

今年から高校で金融教育が始まったようですが、元々日本の学校教育では、お金に関する教育がほぼなかったため、金融リテラシーの低い人が多いといわれています。 また、家庭でも貯蓄第一主義で教育を受けた場合、投資に対してネガティブな姿勢になる可能性も…

内向的で自己効力感が強い人ほどお金持ちになりやすい

人には「内向型」と「外向型」の2つのタイプがあります。 お金持ちに多いのは、意外ですが、お金持ちの多くは「内向型」なのです。 「内向型」というと内気で、「外向型」は陽気な人だと一般に思われているのですが、「外向型」とは人生の価値基準を自分の外…