氷河期セミリタイア日記

就職氷河期世代ですが、資産運用でなんとかセミリタイアできました。残りの人生は、好きなことをしながら自由に生きていきます。

キレやすいおじさんに共通する特徴があった…!

X(旧Twitter)で今年5月、「反応閾値(はんのういきち)」という聞き慣れないワードに関するポストが3.9万“いいね”(6月16日現在)を集め、話題を集めていました。

人間関係における「反応閾値」とは、ある刺激に対して行動を起こすのに必要な刺激量の限界値のことを指すそうで、要するに起こった出来事に対してのフットワークが“軽い”か“重い”かを表す値とのことです。

例えば、ほんの少しでもほこりがあると気になってすぐに掃除する人は、部屋の清潔さに対しての反応閾値が低く、かなり汚くなるまで掃除しない人は反応閾値が高いということになる。共同生活を送るなかで、具体的にどのような反応閾値の差を感じることがあるのでしょうか。 

恋人との同棲生活をスタートしたばかりだという事務職の20代女性・Bさんの話。  

「私も物事によって互いの反応閾値が違うと感じます。彼氏はトイレットペーパーや石鹸などの日用品がなくなってから補充するタイプ。

でも私は日用品が切れることがイヤで早めにストックを補充しておきたいタイプなので、彼氏は日用品が補充されていることに気がつかないことも多いんです。  

『どうして私ばっかり』とちょっとイラっとしてしまっていたので、最近はYoutuberの購入品紹介動画のように購入したもの全て説明したり、作った夕ご飯に関しても献立を紹介したりして、やったことは全て彼氏にアピールするようにしています。

イライラしたまま過ごしていると口論になってしまうので、そうやって工夫して自分の不満を溜まりにくくしていますね」(Bさん、以下同)

職場でも反応閾値の差が photo by iStock  Bさんは彼氏との同棲生活以外でも、職場の人間関係で反応閾値の差を感じたことがあるという。  

「私は仕事の納期への反応閾値が高く、もちろんきちんと間に合わせますが、逆に言うと当日に提出すればOKという考え方。

だから納期から逆算してスケジュールを立てて余裕をもって取り組んでいます。例えば納期が3日後の案件があったとすると、私はその3日間で仕上げればいいというタイプだから、残業せずに即帰宅するんです。  

でも、職場のある同僚は仕事の納期に対しての反応閾値が低くて……。同じような案件を任されたその同僚は、任された仕事をなるべく早く、前倒しで終わらせたい性分のようで、たびたび残業しているんです。

それだけならいいんですけど、周囲からは『あの人は残業してとてもがんばっている』と評価されて、相対的に私がサボッているように思われているようで、それが納得いかないんですよね」性別や年齢によって反応閾値に差はあるのでしょうか。

また、個人の反応閾値はどのように決まるのでしょうか。  

反応閾値という言葉は生物学で使われている用語で、アリなどの生態研究の際に用いることの多い言葉です。生物学的にいう反応閾値の意味は、ある仕事が出現して、その仕事を処理してくれという刺激を出し、それに対して個体が仕事を始める刺激の強さのこと、その個体が反応するかしないかという限界のことを閾値と言います。  

アリは閾値の違いによってずっと働き続けているアリもいれば、滅多に働かないアリもいます。そして、働き続けるアリの8割は過労死してしまい、働かないアリと比べて早く死んでしまうということが研究でわかっています。

ただ、働きアリが働かないアリに不満を持つだとか嫌だとかいう感情は全く含まれていないので、これが人間とアリの反応閾値で大きく違う点でしょう」 経験や育ってきた環境に左右されます。

まず、男性だから、女性だからといった性別による反応閾値の差はないと思います。遺伝的に決まっている部分もあるかもしれませんが、個人の反応閾値は、その人の経験や育ってきた環境に大きく左右されているようです。

例えば、一般的に女性のほうが子供の頃から『女の子なんだから整理整頓してきれいにしなさい』などと、注意されるといった傾向があるでしょう。それも元来の性別の問題というよりも、『女性だからこうすべき』というような育てられ方をした経験によるものが大きいというわけです。  

また、育ってきた環境という意味では、年代によって反応閾値の差はかなりあるでしょう。その時代時代で一般的な価値観や常識なども少しずつ異なりますからね。

また、歳を取っていって自分が組織のなかで恵まれていないと感じる人は、他人に対する閾値が下がり、相手に対する許容範囲が非常に狭くなる傾向があるのではないでしょうか。

自分の境遇に不満を持っている人は対人関係の閾値が低くなりがちということです。この“歳を重ねるにつれて反応閾値が低くなる”という現象は、男性に多いと感じます。

うタイプだったが、このように家と職場で反応閾値が変化するということもあるのだろうか。  

Bさんのケースとは逆ですが、例えば職場で反応閾値が低めで限界に達していても、仕事だから我慢しているというタイプの人は多いでしょう。その精神的疲労の反動で、私生活では反応閾値が高くなり、家庭ではやらないといけないことをずっと先延ばしにしているというような人も少なくないでしょう。仕事とプライベートで閾値を変えなければやっていられないということかもしれません。

最後に、反応閾値の差が大きい人と同棲や結婚といった共同生活を送るうえで重要なポイントについて、家事などは領域ごとに役割を分担するのが一番の対処方法です。

反応閾値は個人差がありますし、その人の疲労度や所属するコミュニティによっても変化します。反応閾値が高い人も、低い人も、ある程度相手を許容し、自分の価値観を押し付けないようにするという考え方が大切で、その心掛けが共同生活を円滑にしていくでしょう。

共同生活の相手に不満が溜まると、ついつい相手に強く当たったり改善を求めてしまったりしてしまうかもしれません。

しかし、「反応閾値の差があるのだから仕方ない」とある程度割り切って、相手を許す心を持つことが、衝突や不和を回避する秘訣なのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村