氷河期セミリタイア日記

就職氷河期世代ですが、資産運用でなんとかセミリタイアできました。残りの人生は、好きなことをしながら自由に生きていきます。

日本人の半数以上「生活が苦しい」…「日本人の所得・200万円台が最多」のキツい実態

厚生労働省のレポート「2022年 国民生活基礎調査の概況」によると、1世帯当たり平均所得金額は、545万7,000円となっています。

「会社員の手取り額」 所得金額最も多いのは「200~300万円未満」 です。

「所得」と聞くとお給料による「収入」を思い浮かべるかもしれませんが、両者の種類は異なります。所得とは、源泉徴収前の収入から必要経費を引いて残った額を指します。

一般的なサラリーマンの場合は、給与所得控除を差し引かれた金額、定年退職後の場合は、公的年金等控除額を差し引いて残った金額が基本的な所得となります。

厚生労働省のレポート「2022年 国民生活基礎調査の概況」では、世代ごと、世帯人数ごとによって、1年間の所得金額を調査しています。

1世帯当たりの年間の平均所得金額は、「全世帯」が545万7,000円となっています。

具体的には「高齢者世帯」が318万3,000円、「高齢者世帯以外の世帯」が665万円、「児童のいる世帯」が785万円です。

所得の分布状況 所得金額階級別にみていくと、「200~300万円未満」が14.6%と最も多く、「100~200万円未満」が13.0%、「300~400万円未満」が12.7%と続きます。

中央値は423万円であり、平均所得金額(545万7,000円)以下の割合は61.6%となっています。「100万円未満」は6.7%です。

一方、所得金額1,100万円以上になるとその割合はがくっと減り、「1,100~1,200万円未満」2.1%、「2000万円以上」が1.4%となっています。

世帯主の年齢階級別の所得の状況 世帯主の年齢階級別に1世帯当たり平均所得金額をみると、「50~59歳」が742万1,000円で最も高く、「40~49歳」が728万5,000円、「30~39歳」627万2,000円と続きます。

「29歳以下」では377万5,000円。 国税庁『令和4年分 民間給与実態統計調査』によると20代前半の平均年収は273万円、20代後半で389万円です。都内暮らしの場合、家賃やら何やら日々の出費でカツカツ……となってもおかしくない金額です。

1世帯当たり平均所得金額をみて「50代の所得が多いな?」と感じた方もいるかもしれませんが、これはあくまで世帯主別の金額。1人あたりの所得金額ではまた違った様相がみえてきます。

世帯人員1人当たりの平均所得金額をみると、最も高いのは「50~59歳」で291万9,000円、「60~69歳」が259万7,000円、「40~49歳」が239万5,000円と続きます。最も低いのは「70歳以上」の194万6,000円です。

70歳以上の所得の大部分は公的年金公的年金・恩給を受給している高齢者世帯のなかで「公的年金・恩給の総所得に占める割合が100%の世帯」は44.0%となっており、多くの高齢者世帯が、年金以外の収入がない状態で生活していることがみて取れます。

 なお同調査では、生活意識についてもアンケートを取っています。

「大変苦しい」と「やや苦しい」があわせて51.3%となっています。

「普通」が42.1%、「ややゆとりがある」が5.5%、「大変ゆとりがある」が1.1%と続きます。

各種世帯の生活意識をみると、「苦しい」の割合は、「高齢者世帯」が48.3%、「児童のいる世帯」が54.7%。少子高齢化が進む今、子どもとその家族への生活保障は必須です。「苦しい」の声を減らすための支援が求められています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村