氷河期セミリタイア日記

就職氷河期世代ですが、資産運用でなんとかセミリタイアできました。残りの人生は、好きなことをしながら自由に生きていきます。

喜びを見つけると免疫力が高まる

ここ数年、感謝はポップカルチャーとして定着してきました。今ではあらゆる書店やアプリストア、ショップで、感謝の気持ちを伝える日記や本、商品、さらには感謝のTシャツを扱っています。  

ソーシャルメディアでは「#blessed」というハッシュタグが流行っていますが、これは感謝の気持ちを表現することがいかに主流になったかを示しています。

治療として感謝の気持ちを育むことは、人生の大きなことにも小さなことにも感謝することを意味します。  

たとえば、劇的寛解した人たちは、治療のような大きなものから、道路脇に咲く野花や見知らぬ人の笑顔のような小さなものまで、日常生活のほぼすべてのことに感謝するように努めていると話しています。  

ポジティブな感情を高めるために、毎日感謝の気持ちを持つ習慣を身につけた劇的寛解者の一人が、クリスティ・クロムウェルです。  

彼女は2013年にグレードの低いグリオーマ(脳腫瘍の一種)と診断されました。腫瘍は脳幹部にあったため、医師からは手術という選択肢はないと言われます。

その代わりに放射線治療と化学療法を提案されましたが、効果は保証されておらず、重い副作用の可能性がありました。  

当然ながら、これは衝撃的で不穏なニュースでした。クリスティは推奨された治療をおこなわず、別の治療法を模索します。やがて彼女は、自分の置かれた状況の中でおだやかな気持ちになる方法を見つけました。  

「手術不可能な脳腫瘍と診断された私は、それを取り除く手術を受けることができなかったので、ただ“それと向き合い”、折り合いをつけることを学ぶ必要がありました。  

最初は簡単なことではありませんでしたし、とくに「経過観察」と言われたときはそうでした。私は自分の治癒にかかわりたかったのです。  

“Where the mind goes, the body follows(心が行くところには、身体もついてくる)”という表現があります。

自分を幸せにし、人生により多くの喜びをもたらし、内面をポジティブにするような活動を探しておもしろい動画を見るようになると、幸せと平和の感覚を呼び起こす画像を作成するために多くの時間を費やすようになります。

そして、感謝する習慣を増やし、毎日、自分が置かれている状況に『ありがとう』と言うことからはじめます。  

不安の中でポジティブになるのは簡単なことではありませんが、喜びを見つけることでストレスが軽減され、さらに免疫力が高まるという利点もあります。

クリスティは経過観察の代わりに、劇的寛解の10の要因を生活に取り入れることにしました。

現在、彼女はラディカル・リミッションの公認インストラクターとしてマサチューセッツでワークショップを率いて、ほかの患者に恩返しをしています。そして、ありがたいことにこの6年間、病状は安定しています。  

しかし、感謝は治癒とどのように関係しているのでしょうか? 

まず、感謝の気持ちが精神と身体を癒やすという前提は、多くの研究によって裏付けられています。  

たとえば、最近の臨床試験では、感謝の気持ちを引き出すために感謝の日記を2週間、毎日書き続けたところ、被験者のポジティブな感情や幸福感、生活満足度が高まり、同時にネガティブな感情や抑うつ症状を減少させることがわかりました。  

最もよく研究されている介入方法の一つが、「感謝リスト」です。

これは、1日の終わりに感謝したいことを3~5個書き出すものです。

目的を持って感謝の気持ちを毎日表す行動は、身体の健康症状や睡眠の質を改善することが科学的に証明されています。  

同様の研究では、感謝の気持ちを持つ傾向のある人は、そうでない人に比べて健康状態がよく、より健康的な活動(運動など)に参加していることが示されています。

研究者たちは、幸せと身体の健康との関係を理解するために研究を続けています。その中でも伸びている研究分野が、精神神経免疫学(psychoneuroimmunology=PNI)で、人の思考や感情(サイコ)、脳の活動(ニューロ)、そして免疫システムとの関連に焦点をあてています。  

過去50年以上にわたって、この興味深い研究分野では、心と身体が密接に関連し合っていることを実証してきました。  

瞑想(めいそう)やマインドフルネス、認知行動療法など、精神神経免疫学に基づいた介入によって、がんやHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の炎症マーカー、およびうつ病や不安、そのほかの症状の軽減につながったことがわかりました。  

たとえば、小児白血病患者を対象とした最近の研究では、精神神経免疫学の介入(免疫細胞ががん細胞を除去することを想像する練習を子どもたちに指導すること)により、子どもたちの複数の免疫マーカーが増加し、同時に生活の質が改善し、発熱時間が短縮し、投薬の使用量を減らすことが判明。

おまけに、この精神神経免疫学の介入により病院経費も削減されました。  

科学者たちは細胞レベルで、ポジティブな感情がどのようにがん細胞を体外に排出するのかを正確に解明しつつあります。期待されているある研究では、がんを患ったマウスに「幸せホルモン」を注射したところ、がん腫瘍が著しく縮小したことが報告されています。  

さまざまな治療法によって末期がん患者の寿命を延ばすことで知られるドイツの統合腫瘍医ヘニング・ザウペ博士は、精神神経免疫学の力、とくにポジティブな感情に関する力を理解しています。  

「気持ちや感情は、分子レベルで私たちの免疫系と相互につながっています。コインの表と裏のようなもので、切り離すことはできません。

精神神経免疫学の介入の研究により、私たちの脳は、私たちが経験するあらゆる感情や感覚と並行して、免疫活性伝達物質を生成していることが明らかになりました。そのため、罪悪感や恐怖、恥などの感情は免疫系の効果を妨げてしまいます。

逆に愛や許し、感謝といった感情は私たちの免疫系に力を与え、治癒の機会をサポートします」

もう一つの興味深い研究分野は、オキシトシンです。かつては、幸せとは生まれつきの「陽気な」性格や経済的な余裕、強力な社会的ネットワーク、高等教育へのアクセスといった「いい人生」を送った結果であると信じられてきました。  

しかし、最近の研究では、幸福は実際には複数の内的、外的要因の結果であることが判明しています。幸福感を左右する最も重要な生物学的要因の一つは、おそらく最も有名な「幸せホルモン」であるオキシトシンの体内調節です。  

近年、ニューヨーク市立大学ハンター校の研究者たちが、最新の研究を再検討したところ、オキシトシン乳がん卵巣がんの増殖や転移を遅らせることを発見しました。  

さらに、オキシトシンはオートファジー(がん細胞死)を増加させることで、がんを引き起こすコルチゾール(代表的なストレスホルモン)の作用を逆転させることを示す研究もあります。

過剰になると免疫システムに害をおよぼし、がんの回復を妨げるコルチゾールを減少させるためには、オキシトシンの値を上げる必要があります。  

うれしいことに、オキシトシンを増やすのは比較的簡単です。オキシトシンはポジティブな感情を抱いたときにはいつでも、自動的かつ瞬時に増加します。

私たちがより社交的で信頼できるようにしてくれ、恐怖や不安、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、ストレスを軽減してくれます。  

オキシトシンは、じつにさまざまなレベルで癒やしをもたらすホルモンなのです。  

オキシトシンの増加をもたらす具体的なものの一つが、笑いです。

興味深いことに、笑いは本物である必要はなく、偽物でもかまいません。  

笑いが最高の自然薬であることは、科学的に証明され続けています。ノーマン・カズンズは1979年、『笑いと治癒力』を出版し、医学界に衝撃を与えました。

この本は、命を脅かす自己免疫疾患を笑いと大量のビタミンCで治療し、寛解に至った自身の体験談を概説したものです。  

笑いに関する最近の研究では、患者が1時間のお笑い動画を観るとコルチゾールの値が低下し、がん細胞への攻撃を助けるナチュラルキラー細胞の活動が上昇。

痛みへの耐性が高まり、不安やストレスレベルが低下し、血圧が改善することがわかっています。  

この研究では、ポジティブな感情の増加ががん細胞を殺すのか、それともがん細胞をもとの健康な細胞に回復させて、本来の寿命で死滅するのかは明らかになっていません。

しかし、はっきりしているのは、ポジティブな感情が高まると免疫システムが大幅に強化され、その結果、身体ががん細胞を除去するのを助けることです。  

身体の健康と治癒には喜びが不可欠だということです。

つねにストレスにさらされていると、身体は自然には治りません。

しかし、運動やビタミンの摂取と同じように、日々幸せを最優先にすることは、治癒の旅に大きな役割を果たすでしょう。たとえ1日5分でも、毎日の喜びは薬と同じくらい重要です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村