氷河期セミリタイア日記

就職氷河期世代ですが、資産運用でなんとかセミリタイアできました。残りの人生は、好きなことをしながら自由に生きていきます。

日本の一人親世帯の半分は「貧困」

いつまで続くかわからない物価高、生活が困窮する人も増えていますが、その代表が低賃金のケースが多い一人親世帯です。

統計データによると、日本の一人世帯の半分は貧困層に該当することがわかります。

日本は先進国だが…国民の6人に1人が貧困層 1 / 2 です。

日本の貧困のあり方について、世界的に見れば、日本は先進国だといわれています。アメリカ、中国に次ぐ、世界第3位の経済大国であり、市場には最先端のファッションや商品があふれ、都会ではどんな国の料理でも食べることができます。

サービスも世界屈指だ。 その一方で、日本は「貧困大国」と呼ばれることもあります。

新聞やテレビでは、日本の貧困問題が取り上げられ、格差が大きな問題となっている。周りにも貧困はあるでしょう。塾に行けずに進学をあきらめる子がいたり、親が病気をして働けずに生活保護を受けている子がいたりするはずです。

大学生の約半分が奨学金という名の借金を背負わなければ、大卒の肩書を身につけることができずにいます。

経済大国でありながら、貧困大国であるというのは、どういうことでしょう。

日本が経済大国とされる理由は、GDP国内総生産)の数値がもとになっている。GDPとは、1年間の「民需+政府支出+貿易収支の総額」であり、日本はこれが世界で3番目に高いとされています。

これが世界第3位の経済大国と呼ばれる理由です。

他方、貧困大国であることについては、GDPではなく、「相対的貧困率」が根拠になっています。相対的貧困率というのは、日本のような先進国の貧困の割合を測る基準で、次のように算出されます。

〈国民の等価可処分所得の中央値の半分未満〉具体的な金額でいえば、一人世帯で年間127万円未満で生活している人たちが貧困層ということになります。

日本の相対的貧困の割合は、15.4パーセントなので、国民の6人に1人が貧困層ということになります(2018年統計)。

こんなふうに貧困を定義するのは、国によって物価が違うためだ。途上国では5万円あれば十分に1カ月暮らすことができても、日本では屋根のあるところに寝泊まりして食べていくことは難しいのです。

だからその国の物価などに照らし合わせて貧困ラインを決めることになります。

世界的に見ても、イスラエルアメリカ、韓国、トルコなどについで10番目に高い数値です。先進国にかぎれば、4番目ということになります。

これこそが、日本が貧困大国と呼ばれるゆえんです。

日本では、どういう層が貧困層にあたるのでしょう。一般的にいわれるリスク要因としては、「ひとり親」「非正規雇用」「低学歴」「病気」などです。

とくに一人親世帯の場合は、2世帯に1世帯が貧困層となっています。日本では、女性が一人で働きながら育児をしていく環境がまだ十分に整っていません。

離婚した女性が幼い子供を一人で育てようとしても、きちんとした会社に正社員として再就職することが難しいのです。残業ができないとか、子育てで仕事を休みがちになると考えられて、敬遠されがちです。

会社の方も、そういう女性をバックアップしようとする意識やシステムがまだ足りていません。

そうなると、女性はパートや契約社員といった非正規雇用で働かざるをえません。非正規雇用の一番の問題は、給料の低さです。

正規雇用の平均年収は約495万円であるのに対して、非正規雇用は約176万円にしかならなりません。

年齢別の月収を比較すると、特に40~50代の格差が著しいことがわかります。

しかも、女性の場合は年収200万円以下が全体の約4割で、100万円以下だけでも約15%にのぼります。

ちなみに、年収150万円で20年間働いたとして、稼げるお金は3000万円です。世間では子供一人を成人まで育てるのに、2000万~3000万円かかるといわれていることを考えれば、非正規雇用の家庭の生活が成り立たないのは明らかです。

貧困は「いけないこと」なのでしょうか?

漠然と「貧困はいけない」と教えられてきました。収入が低ければ、生活を成り立たせるのは大変です。

でも、貧しくでも幸せな家庭を築いて、毎日を楽しくすごしている人たちもいます。

認識を一歩深めるために、今の日本で、貧困は何を生むのでしょうか。

ヒントを出せば、人の心の中に生まれるものです。だんだんと大きくなっていって、その人を壊してしまうものです。

「自己否定感」です。

自己否定感を言い換えれば、「劣等感」「あきらめ」「自暴自棄」です。

生きている価値を見出せずに、将来についてもどうでもよくなってしまうことです。

どうして貧困の中で、人は自己否定感をかかえてしまうのでしょう。それを理解するには、日本の貧困のあり方について考えてみる必要があります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村